呪術廻戦 漫画

【呪術廻戦】偽夏油の正体分かりましたね

「正体分かりましたね」ってタイトルに入れていてアレなのだが、タイトルは半分本当で半分嘘だ。

今まで偽夏油の正体は以下の4つのどれかと思っていた。

  1. 天元
  2. 九十九
  3. 加茂憲倫
  4. 未登場キャラ

(この辺のことは以下の記事で書いている)

【呪術廻戦】伏線っぽい所まとめ(11巻)

 

芥見先生のことだから未登場キャラは無いだろうと思い、意図的に情報が伏せられている加茂憲倫が怪しいと思っていた。

少年ジャンプ本誌では渋谷事変が佳境に入っており、そろそろ偽夏油の正体も判明するだろうと思っていた矢先、今週のジャンプ(2021年5・6号)で遂に正体が判明した。

引用元:週刊少年ジャンプ(2021年5・6号)/芥見下々「呪術廻戦」第134話(集英社)

偽夏油の正体は加茂憲倫ではあったが、加茂も体を乗っ取られていたようだ。偽夏油自信も「加茂憲倫も数ある名の一つにすぎない」と言っている。加茂憲倫説は半分正解で半分ハズレ。

では本当の正体は誰だろうか…と考えてみるが、思い当たる節はあまり無い。未登場キャラだろうか?相当古くから体を乗っ取っとって生き長らえているようだから、宿儺全盛期の呪術師かもしれない。

となると天元が怪しくなってくるが…。1巻から読み直して伏線をもう1回洗い直した方がいいかもしれない。

-呪術廻戦, 漫画

© 2021 ノノ〆のδ線 Powered by AFFINGER5